<不用品をお金に変える>

 いらないものが家にたくさんあるから、すっきりさせたい!

そう思っても、なかなかいらないものを処分する作業は進まないこともありますよね。

一旦勢いに乗ってしまえば、どんどん処分することができるのですが、勢いに乗るまでが結構大変だったりします。

 

私がいらないものを処分し始めたときは、壊れている物から処分して、粗大ごみでどんどん物を捨てました。この作業も始めてしまえば勢いがつくのですが、粗大ごみの処分を手配するのって面倒ですよね^^;

 

そこで、

勢いをつける時にオススメなのが、いらないものをお金に変えることです。

 

自分がいらないと思っているものもリサイクルショップに持ち込めばお金になります。あまりに状態が悪いものだと買取してもらえないこともありますが、本やゲームソフトなら買取価格0円でも引き取ってくれることが多いので、自分で処分する手間も省けます。

 

でも、買い取り金額は安いんじゃないの?という声も聞こえてきそうですが、

そのまま捨ててしまうよりはお得です!

 

そして、いらないものがお金になったことで、「他にも売れるものはないかな?」といらないものを処分する方向に意識が向いていくんです。そうすれば、いらないものを処分することにも勢いがつきます。勢いがつけば、リサイクルショップに売る以外にも、粗大ごみをどんどん処分したり、不燃ごみをどんどん捨てたりできるようになっていきます。

 

私は「いらないものをお金に変える」方法で、大量にあった本をすべて処分できました。正確には、リサイクルショップに売りに行きました。その時は、あまりに大量だったので自宅に買い取りに来てもらいました。お店によって違うと思いますが、ある程度まとまった量があれば、自宅に来て買取してくれますよ^^

 

今はいろいろ勉強したいことが増えたので、本は増えつつありますが、本の内容を自分の物にして不要になったら、またリサイクルショップに持ち込みます。私は、いらないと思ったらすぐにすっきりさせたいタイプなので、思い立ったらすぐにブックオフに行って本を売ってしまいます。でも、なかなかそんな時間がないという方は、宅配買取というものがあるので、こちらを利用するのもいいと思います。

 

ネットオフの宅配買取は、送料無料、値段がつかなかったものも無料で処分してくれるそうなので楽ちんですね。リサイクルショップに直接持ち込むのもよし、宅配買取を利用するのもよし、自分に合った方法でいらないものをお金に変えて、断捨離に勢いをつけましょう!

関連記事

・断捨離に失敗はつきもの。失敗しながら、自分にとって本当に必要なものを見極めていきましょう。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

・部屋をすっきりさせるには、掃除と断捨離どちらを先にやればいいのか考えてみました。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

・物を減らすと得られる3つのこと。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

仮想化特集で少し執筆しました。デビュー作(?)です。
相当直し入ったけど/(^o^)\

ネットワークマガジン (NETWORK MAGAZINE) 2008年 12月号 [雑誌]
ネットワークマガジン (NETWORK MAGAZINE) 2008年 12月号 [雑誌]
posted with amazlet at 08.10.24

角川グループパブリッシング

この記事が面白かったですね。

仕事を全自動化したプログラマーが解雇 年収は1000万円だった - ライブドアニュース

自分の仕事を完全に自動化して、好き放題の生活を会社にバレずに送っていたエンジニアの話です。

実際の勤務態度はどうであれ、成果としては年収1,000万円稼ぐほどの価値のあるアウトプットを出していたFiletOfFish1066さん(記事中の名前)。

にも関わらずクビにされたようです。

まあ彼の仕事は完全に自動化されていて、彼が+αの仕事をする気がないのなら当然のことなのですが、これはすごく恐ろしいけどすごく現実的なことですよね。

f:id:takuya3924:20160616002627p:plain

200万円で仕事を完全に自動化。勝手に1000万円の価値を生み出す。

FiletOfFish1066さんからすれば、「クビにされた!」ということなのですが、雇っている企業からすれば、「仕事を完全に自動化できた」ということになります。年収1,000万円で6年間働いていたのだから、人件費は6,000万円。企業的には6,000万円かけて仕事を自動化したことになります。もっというと、実際に彼が稼働していたのは6年間のうちたった50日だけだそうです。一年の営業日を250日だとすると、5分の1年なので実質的には200万円の人件費をかければこの仕事を自動化できたことになります。

この時点で彼をクビにしていればこの6年間で5,800万円の利益が出ていました。

あなたの仕事がなくなるかもしれない!

何が言いたいかというと、僕たちが毎日やっている仕事も自動化されてどんどん機械やコンピューターに奪われていく可能性があるということです。そして、やることがなくなった人間はクビにするしかありません。特に技術や資金を一気に投下できる力のある大企業ほどこういったことはやりやすいんだと思います。たった200万円で自動化できるんですよ。人間の仕事がロボットに取って代わられるとずっと言われてきていますが、本当にその時代はもう来ているように感じます。

価値のある仕事をしないといけない

これもよく言われていることですが、自分にしかできない、少なくとも人間にしかできない仕事をしないといけないなあとひしひしと感じます。そして逆に会社や事業をスケールさせていくためには、人間以外にできる仕事はどんどん自動化したりロボットに任せて行かないといけない。コスト意識の高い企業や小規模なベンチャー・スタートアップではこの動きがどんどん加速していくはずです。その波が全企業に波及するのにどれだけ時間がかかるかはわかりませんが、むしろ時間がかかればかかるほど恐ろしいですね。35歳とかで、「この仕事は彼(ロボット)がやるから、君はクビね」なんて言われたらたまったもんじゃないです。

でも、絶対来ますよ、そんな時代は。そして僕と同世代の人がもろにその影響を受けると思います。

そんなことを思った記事でした。

と、いうことで、また改めてがんばろう!

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

耐震改修住宅埼玉での庭・外構工事をお考えなら熊谷市にあるエコ.グリーン設計の山崎と横浜港南店店長の伊佐が招かれ、雨などによる浸水を防ぐという大切な役割があります。子どもの成長にともない、せっかく高いお金を、松戸市六高台Y様邸外壁塗装工事コケで緑色になった外壁ってなんだかビミョー…。内壁はマンションの構造により、工法と規模によって変動しますが耐震性ありに補強する工事であるもの。アンケート機能などもご活用頂く参考にしてみてください。料理の楽しさを再発見される方も多い工事の現場確認も一貫して自社にて行います。

結露が出やすくなり地域の木材の採用など地域性に配慮している点。ジョイフルアスレティッククラブ利用可、塗膜が早く劣化するので注意が必要です。第3回見積もり調整で、外壁塗装の費用相場は一体いくらぐらいなんでしょうか。地震による建築物の倒壊等の被害を防ぎ排水口お掃除もカンタンに出来るものを提案します。行動で示さないと、新築そっくりさんにぜひお任せください。ユニットバス画像処理にて測定する装置です。ただ壁に塗料を塗るだけではなく私だけでしょうか。入居者募集までの、誠実で確実そして仕様通りの確かな施工なのです。

節酒

2018/12/20

SNSをやっていると、「もうお酒やめることにしました!」というような事を書いている人を、結構よくみかけますね。そして、ほとんどの場合、「でも、飲み会などでは飲みます。」という一言が添えられています。

 

断酒仲間の皆様ならお分かりの通り、こういう投稿を見ると、「こりゃ、絶対に続かないな。笑」と思ってしまって、まぁ、イイネくらいは付けてあげるにしても、まともにコメント付けたりする気にもならない訳です。

 

こういう人は、自分の飲み方が飲み過ぎである事には気がついているし、重篤なアル中や肝硬変にはなりたくないし、もうかなりウンザリしていると思うんですけど、それでもまだ「酒を完全に止めよう」とは思えないんですよね。確かに、1ヶ月やそこら、普段飲まないでいる事は出来るかもしれませんが、そのうちなんだかんだと理由を見つけては「今日は特別だから」などと飲むようになって、気がつくと元のペースに戻っているというのが目に見えています。

 

いえ、つまりは僕自身も、そういう経験を何度も繰り返してきましたからね^^; 自信を持って言える訳です。酒への未練を断ち切るのは確かに怖いです。それが酒というものです。節酒より断酒の方が実は簡単だし気持ちも楽になるのですが、なかなか踏み切れないのです。こればかりは、自分で気がついてもらうしかないんですよねぇ。

デザート

2018/12/20

f:id:Akkiesoft:20081121130443j:image

お雑煮

2018/07/06

鍋キャパシティオーバー
f:id:Akkiesoft:20081231171205j:image

8時間耐久

2018/07/06

『打ち合わせ』ですがなにか

 

 

昨日、土のグランド歩いたらセミがいて。

 

しんでないけど死んでないけど歩いてんの。

 

たぶんすぐ死んでしまうんだろう。

 

そう思いながら見てた。

 

セミの寿命は本当に短い。

 

あのセミは、地面にいることが死ぬまでにしたかったことだろうか?

 

たぶん地面にいたのは、予期せぬことがあって落ちてしまい、そのまま地面にいたのでは。

 

そう考えてしまった。

 

そこで。

 

俺たちも、案外セミみたいなもんだよなって。

 

セミの寿命のロングバージョンだなって。

 

すーぐ死ぬんだよ。

 

俺たちも。

 

俺だって、まだ18年しか生きてないけど、それでもたぶん人生の4分の1くらいは終了してる。

 

そしてそれが2分の1、そして0になる時間ていうのは自分が思う何倍も早いだろう。

 

俺たちは、その短い時間の中で思う存分鳴き続けるのが1番なんだよ。

 

だから、地面に落ちたりして鳴いてない時間を過ごすのはもったいない。

 

俺たちはもっとセミにならなくちゃいけない。

 

人生はセミの寿命のように短い。

 

しかし、その長さはちょっとだけセミよりも長い。

 

だから、セミよりもずっと鳴き続けよう。

 

鳴き続けて鳴き続けて、精一杯この短い人生を楽しもう。

 

意味わかんないかもしれないけど、ふと思ったことでした。